熊野古道伊勢路を歩く。

幸結びの路

伊勢路の歩き方

紀伊山地の参詣道ルール

世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」は、万物、生命の根源である自然や宇宙に対する畏敬を、山や森に宿る神仏への祈りという形で受け継いできた、日本の精神文化を象徴する文化遺産です。
私たちは、このかけがえのない資産がもたらす恵みを、世界の人々がいつまでも分かちあえるよう、参詣道を歩くにあたって次のことを約束します

ウォーキングの服装

Clothes reference image

1
「人類の遺産」をみんなで守ります紀伊山地の自然や文化にふれ、学び、私たち共有の資産の素晴らしさを、みんなの力で末永く後世へ伝えましよう。
2
いにしえからの祈りの心をたどりますこの道には、祈りを捧げてきた多くの足跡が刻まれています。今なお続く人々の心に思いを馳せながら歩きましょう。
3
笑顔であいさつ、心のふれあいを深めます出会った人と声をかけあい、また地域の人々とも交流を図りましょう。
4
動植物をとらず、持ち込まず、大切にします貴重な動植物が生息する紀伊山地では、存在するもの全てが大切な資産です。自然を愛し、守る心を持ち続けましょう。
5
計画と装備を万全に、ゆとりをもって歩きます道中は何が起こるかわかりません。中には険しい道もあるので、天候、体調、装備などを十分考えて、無理をせず歩きましょう。
6
道からはずれないようにします道をはずれることは危険であり、植生などを傷めることにもなります。むやみに周囲に踏み込まないようにしましょう。
7
火の用心をこころがけますタバコのポイ捨てなど、ちょっとした不注意から火災は起こります。火気の取り扱いは十分注意しましょう。
8
ゴミを持ち帰り、きれいな道にします地域の人たちが古くから守りつづけてきた道です。ゴミを持ち帰り、来た時よりも美しい道にしましょう。

古道歩きされる際の確認事項

  • ・歩く前に、携帯電話を必ずフル充電にしておいてください。
  • ・時間的に余裕がなくなり、暗くなって道に迷われる方が見えます。
    峠ごとの所要時間はあくまで目安(昼食・休憩等を含まない)なので、早めに出発して時間に十分余裕をもって歩き、
    明るいうちに下山してください。
  • ・100メートルごとに立てられている木の道標で、現在地を確認しながら歩いてください。

※緊急の場合、道標に記載されている連絡先(警察署・消防署)にご連絡ください。

▲各峠に設置されている道標(写真は曽根次郎坂・太郎坂)

伊勢路ルートマップに戻る