熊野古道伊勢路を歩く。

東紀州地域振興公社

東紀州地域振興公社とは

よみがえる地 みえ東紀州

紀北町 尾鷲市 熊野市 御浜町 紀宝町

この公社は、三重県の南部の地域の5市町(紀北町、尾鷲市、熊野市、御浜町、紀宝町)
と三重県で構成されています。ここ東紀州の観光・産業振興をするため活動しています。

東紀州地域振興公社は、三重県南部に位置する東紀州地域の観光と産業の振興、地域おこしの推進を目的として、
平成19年4月に設立された任意団体です。

構成団体概要

構成団体 尾鷲市、熊野市、紀北町、御浜町、紀宝町、三重県
理 事 長 河上 敢二(熊野市長)
職 員 数 17名
事務所所在地
>紀北事務所 尾鷲市坂場西町1-1 三重県尾鷲庁舎内 紀北事務所
電話 0597-23-3784 FAX 0597-23-3785
MAP
>紀南事務所 熊野市井戸町371 三重県熊野庁舎内 紀南事務所
電話 0597-89-6172 FAX 0597-89-6184
MAP

東紀州地域とは

三重県のうち旧紀伊国に属していた、県南部5市町の総称です。

面積 991.54km²(県の17.2%)

東紀州地域振興公社の歴史

平成6年5月 東紀州地域振興公社の前身、東紀州地域活性化事業推進協議会が設立。
平成6年度~ 平成16年度 人材養成事業「東紀州活性化大学」を実施。修了者244名。
平成9年度~ 熊野古道ガイド養成講座開始。熊野古道語り部友の会発足(平成11年)につながる。
平成12年4月 みえ熊野学研究会発足。
平成16年7月 「紀伊山地の霊場と参詣道」(熊野古道)が世界遺産登録。
平成19年4月 東紀州観光まちづくり公社が設立。
平成25年4月 東紀州地域振興公社に名称変更。

東紀州地域振興公社の取り組み

東紀州地域振興公社は、東紀州地域の活性化を図ることを目的として、観光振興、産業振興、地域おこしの面から
地域づくりを総合的に推進しています。

観光振興

熊野古道を核とした地域資源や東紀州地域の魅力を発掘し、それらを活用した観光振興を図っています。
熊野古道や東紀州を訪れる人・学ぶ人・好きな人を増やすために、地域内外へ働きかけ、PR活動を行っています。

産業振興

東紀州地域の地域資源を活用した製品・サービスの高付加価値化や販売促進、宿泊・飲食・土産物など
観光サービス業の質を高める取組を進めています。

地域おこし

熊野古道語り部友の会や熊野古道保存会、みえ熊野学研究会、日本風景街道「伊勢熊野みち」など
地域の人々による地域おこし活動を支援しています。

観光情報

古から受け継がれた幸の路をご案内

  • 山の幸
  • 川の幸
  • 里の幸
  • 海の幸