熊野古道伊勢路を歩く。

東紀州地域振興公社

熊野古道語り部の依頼について

語り継がれる熊野古道
熊野古道のスペシャリスト達

熊野古道語り部

「熊野古道語り部友の会」は、熊野古道伊勢路をガイドする語り部たちの会です。

熊野古道語り部友の会は、世界遺産熊野古道伊勢路をご案内し、熊野古道の歴史・文化・自然について楽しくご説明しています。

美しい石畳、歴史を刻む石碑、峠から見晴らす絶景。熊野古道伊勢路には、見どころがいっぱいです。

語り部と一緒に歩いて、熊野の自然と歴史と文化に触れ、心に残る旅を体験してみませんか?

Q. 語り部と歩くと、どんなメリットがありますか?

A. 語り部と歩くと、熊野古道の歴史・文化・自然について詳しく、楽しい解説が聞け、信仰の道である熊野古道の本当の価値を理解することができます。また、峠道は整備されているとはいえ、始めて歩く方は不安があると思います。でも、語り部と一緒ならペース配分を考慮して、安心して、安全に歩くことができます。

Q. 語り部の依頼には、いくらかかりますか?

A. 一峠あたり、5,000円です(八鬼山越えを除く)。もし、5人で語り部を依頼すれば、一人当たり1,000円のご負担で、語り部と歩くことができます。

Q. 女性だけで歩く場合、女性の語り部を希望できますか?

A. 可能です。女性の語り部もたくさんいます。

熊野古道(伊勢路)語り部を依頼される場合は、下記注意事項をお読みいただいた上で、「熊野古道伊勢路語り部友の会依頼書」に必要事項をご記入いただき、東紀州地域振興公社あてにFAX(紀南事務所FAX 0597-89-6184)でお送りください。個人のお客様でFAXをお持ちでない方は、下記のフォームより申し込みください。

※語り部の依頼書は、原則として、催行日の2週間前までにお送りください。なお、やむを得ず2週間前よりも直前の申込みの場合には、ご希望に添えないこともございますので、当会事務局にお問い合わせください。

語り部の依頼を頂いてから、担当の語り部については、通常、語り部希望日の約1週間前までに当会事務局よりFAXでご連絡します。その後は直接担当の語り部と打ち合わせていただくことになります。

※馬越峠、八鬼山越え、波田須の道、大吹峠、観音道、松本峠、通り峠については、英語による語り部が案内可能です。ご希望の方は依頼書の備考欄にその旨(英語語り部を希望)、ご記入のうえ申し込んでください。

語り部依頼書FAXにより依頼する場合はこちらから。(PDF)

熊野古道(伊勢路)語り部を依頼する時の注意事項

  1. 1.熊野古道語り部友の会がご案内させていただく基本ルートは下記のとおりです。
    紀北エリア 紀南エリア
    1.ツヅラト峠 紀北町 9.二木島峠・逢神坂峠 熊野市
    2.荷坂峠 紀北町 10.波田須の道~大吹峠 熊野市
    3.一石峠・熊谷道 紀北町 11.観音道 ※大観猪垣道を含む 熊野市
    4.始神峠 紀北町 12.松本峠~花の窟 熊野市
    5.馬越峠 紀北町~尾鷲市 13.横垣峠 ※通行止めの一部解除 御浜町
    6.八鬼山越え 尾鷲市 14.風伝峠 御浜町~熊野市
    7.三木峠・羽後峠 尾鷲市 15.通り峠 熊野市
    8.曽根次郎坂・太郎坂 尾鷲市~熊野市 16.浜街道(北) 熊野市~御浜町
        17.浜街道(南) 御浜町~紀宝町
  2. 2.基本料金は、必要経費(実費相当:交通費、燃料代、通信費等)として語り部1人につき1峠5千円を、峠の語り部案内が終わり次第、直接お渡し下さい。なお、(6)の八鬼山越えコースについては1万円となりますのでご注意ください。
    1日2峠にわたる場合は1万円となります。(八鬼山越えを含む場合は1万5千円となります。)
    英語による語り部の料金についても、日本語と同様とします。
  3. 3.熊野古道語り部友の会は、熊野古道の歴史や史跡等についてご説明させていただくことを主な活動としております。スポーツトレッキングや登山の道案内はいたしかねますので、歩行につきましては参加者の方々が各自でご注意いただきながら、語り部のペースで歩いていただきますようお願いいたします。
  4. 4.この依頼書は原則として催行日の2週間前までに提出してください。
    また、語り部との待合せ時間・場所等について、前日までに必ず打合せを行って頂きますようお願いします。
  5. 5.熊野古道歩きの主催者の皆様へのお願いですが、参加される方には、履き慣れた靴、山歩きの服装、雨具をご用意いただくようにご配慮をお願いいたします。 また、携帯電話をお持ちの方は必ず歩く前に十分に充電し、お持ちでしたら、使い慣れた杖をご持参ください。
  6. 6.お客様に安心して安全に歩いていただくためにも、バス1台につき1名の添乗員をつけてください。
    語り部1名がご案内する人数は原則として20名までとさせていただきます。
  7. 7.当日に悪天候にも拘わらず無理をしてツアーを催行すれば、取り返しのつかないことになりかねません。現地の天候が心配な時は、当事務局または語り部に相談して、的確な判断をお願いいたします。
  8. 8.行程には余裕をもった時間設定をお組みください。特に下山する時に夕暮れ時にさしかかれば精神的にも不安になり、事故・遭難の危険性が高くなります。
  9. 9.新規語り部養成の一環として、お手配の語り部以外が同行させていただく場合がございます。その場合には、前日までにご連絡いたします。

~熊野古道語り部友の会事務局~(問い合わせ先・語り部依頼受付窓口)

東紀州地域振興公社

紀南事務所 TEL 0597-89-6172
      FAX 0597-89-6184

観光情報

古から受け継がれた幸の路をご案内

  • 山の幸
  • 川の幸
  • 里の幸
  • 海の幸