熊野古道伊勢路を歩く。

幸結びの路

熊野古道伊勢路 幸結びの路とは

神秘のパワーロード、伊勢〜花の窟神社〜熊野。

歴史と自然がはぐくんだ“幸”を探す旅へ。

二大聖地をむすぶ道、熊野古道伊勢路を歩く

歩いたぶんだけ”幸”がある、伊勢と熊野を結ぶ路。

日本古来の聖地・熊野に詣でるための路、熊野古道。平安の昔から今日まであまたの人々が足跡を刻んできたその道のりは、歴史を後世に伝え続け、2004年にユネスコの世界遺産に登録されました。

 太古の昔、熊野の地では巨岩や滝などに神が宿るとする自然信仰が生まれ、平安時代、白河上皇の熊野御幸が行われたのを機に貴族の間で熊野詣が流行。江戸時代には庶民の間にもひろがりました。

 各地から熊野に向かうルートの中でも特に人気があったのが、伊勢神宮から熊野三山をめざす
「熊野古道伊勢路」です。その170kmの道程は、聖地を結ぶスピリチュアルなパワーロード。
式年遷宮を終えて新たなパワーを秘めた伊勢神宮から、もうひとつの聖地・熊野を
めざす唯一の路なのです。海を見下ろすようにそびえ立つ巨岩を御神体とし、
日本最古の神社といわれる「花の窟神社」、江戸時代の面影を残す美しい
石畳の峠道など、パワースポットが点在。実際に足を踏み入れると、
心身が洗われ力がみなぎるような感覚を覚えます。この地に
あるのは、山、川、海、そして人々の心のめぐみがもたらす、
さまざまな“幸”。この地を歩けば、そんな宝物がきっと
見つかり、新しい人生の一歩を踏み出せそうです。

今も昔も、パワースポット。
熊野詣の基礎知識。

平安時代の昔から人々がこぞって詣でた熊野三山。 伊勢と並び崇められた一大聖地で、「伊勢に七度、熊野に三度」と言う言葉もあったほど、誰もが訪れたいと願う憧れの地でした。
身分や階級を問わず多くの人々が救いを求め、蘇りを願って全国各地からめざした山深い熊野の地。
その代表的なルートが“お伊勢さん”から続く、熊野古道伊勢路だったのです。

高速道路延伸で
名古屋・大阪からも好アクセス!

紀勢自動車道の全線開通より、東紀州と名古屋が高速道路で直結。関西圏からのアクセスも良好で、熊野古道伊勢路がグッと身近で気軽なレジャースポットになりました。

伊勢神宮

観光情報

古から受け継がれた幸の路をご案内

  • 山の幸
  • 川の幸
  • 里の幸
  • 海の幸