熊野古道伊勢路を歩く。

幸結びの路

観光情報

尾鷲漁港

心もお腹も満たされる 海の幸

ビーチリゾートでは出会えない、
本当魅力

雄大な海岸、どこか懐かしい漁港の風景。海の広さ、豊かさを体感する旅。

 南北に長い海岸線を持つ三重県。特に、熊野古道伊勢路を擁する熊野灘沿岸は、伊勢志摩地域から尾鷲市にかけての複雑なリアス式海岸、熊野市以南の直線的な海岸線という異なる表情を持つ豊かな海のふるさとです。東紀州には古くから漁業が盛んな港町が多く、三重県屈指の漁獲量を誇ります。一帯には、紀伊長島・尾鷲・遊木ゆき・鵜殿うどのなど大小さまざまな漁港が点在。春は鰹や真鯛、夏はイサキや真鯵、秋はアオリイカやタチウオ、そして冬はブリや伊勢海老など、季節ごとにさまざまな海の幸が各所で水揚げされ、観光客も地元の民宿や料理店で楽しめます。

 こうした、小さな漁港のノスタルジックでのどかな雰囲気と産物を味わうのが、ここでの海の楽しみ方。また、雄大な景色に身をゆだね、自然の強さと大きさを肌で感じるのも楽しみのひとつです。風光明媚な観光スポットとして有名な七里御浜海岸は、熊野灘に面して20km以上に及ぶ海岸線の美しい景観が魅力。荒々しい波が真っ白なしぶきを上げて繰り返し押し寄せるのを眺めていると、日頃の悩みやストレスもいつの間にかどこかに消えていました。こんな時間も、素敵な”海の幸”なのかもしれません。

海の幸図鑑

複雑に入り組んだリアス式海岸、まっすぐに長く伸びる海岸線。さまざまな表情を見せる海は、幸の宝庫。

アオサノリ(紀北町)

みそ汁に入れると鮮やかな緑色になり、磯の香りが漂う。

魚介類(東紀州全域)

黒潮踊る熊野灘に面する東紀州地域では、新鮮な魚介類が楽しめる。

海洋深層水塩製品(尾鷲市)

8種類の塩をはじめ、塩ポン酢、塩けんぴなどの製品が人気。

マンボウ料理(紀北町)

紀北町の民宿などで楽しめる。女将が工夫した小鉢料理は絶品。

渡利かき(紀北町)

まろやかで上品な味わい。「幻の牡蠣」と呼ばれるほどのおいしさ。(収穫時期:11月~2月頃)

さんま寿司(東紀州全域)

熊野以南が背開き、尾鷲以北は腹開き。食べ比べるのも楽しそう。