熊野古道伊勢路を歩く。

幸結びの路

新着情報

東紀州観光セミナーを開催します。『三重県東紀州地域の“めざす姿”とは』
11月28日(火)開催

東紀州地域と共通の資源「世界遺産熊野古道」を持つ和歌山県田辺市の

世界遺産登録後10数年の歩みを聞き、三重県東紀州地域ならではの

持続可能な地域づくりとは何かを考えていきませんか。

 

日時:平成29年11月28日(火)14:00~15:30

会場:三重県尾鷲庁舎5階大会議室(三重県尾鷲市坂場西町1-1)

講師:ブラッド トウル氏

   カナダ生まれ。

   1999年、外国語指導助手(ALT)として旧本宮町(現田辺市)へ。

   2004年に熊野古道が世界遺産登録されたことをきっかけとして、

   2006年に現組織の創設メンバーとして勤務、今に至る。

   外国人旅行者の目線に立った情報発信や地元の受入環境整備に尽力、

   海外での熊野古道の認知度を上げた、立役者の一人。

   今ではインバウンド先進地域として、全国各地から視察が絶えない。

 

定員:30名

参加費無料

   

※申込み・問い合わせ先

   世界遺産・地域産業を活用した観光DMO事業推進協議会

   事務局:東紀州地域振興公社 担当:川村

   住所:〒519-4393 三重県熊野市井戸町371 県熊野庁舎内

   電話:0597-89-6172 FAX:0597-89-6184

 

 今年度も引き続き「世界遺産・地域産業を活用した観光DMO事業推進協議会」では、外国人観光客誘客促進のため、共通したコンセプトのもと地域の関係団体との連携を担う観光DMOの立ち上げを目指し、また、外国人観光客が訪れやすい環境整備や情報発信を行うことにより、東紀州地域の振興や持続可能な地域づくりの推進に寄与することを目的に業務を進めているところです。  


ファイルイメージ

セミナーチラシ

新着情報一覧へ