熊野古道伊勢路を歩く。

幸結びの路

伊勢路ルート紹介

歩いた分だけ“幸”がある

美しい石畳、歴史を刻む石碑、峠から見晴らす絶景…。
“遊歩百選”にも選ばれた熊野古道伊勢路には、見どころがいっぱい。
いにしえの面影を残すその道のりを歩き尽くす、熊野古道伊勢路を紹介します。

熊野古道伊勢路ルートマップダウンロード

熊野古道伊勢路ルートマップダウンロード(英語版)

全長
約170km

年間
約40万人歩行

散策レベル/散策のための体力レベルを表しています

  • 初心者向け
  • 一般向け
  • 健脚向け

距離・歩行時間/登山口最寄り駅(バス停)から下山口最寄り駅(バス停)までの距離と時間です

番号をクリックすると
伊勢路ルート情報が
ご確認いただけます。

  • 荷坂峠
  • ツヅラト峠
  • 一石峠・平方峠・熊ヶ谷道
  • 始神峠
  • 馬越峠
  • 八鬼山越え
  • 三木峠・羽後峠
  • 曽根次郎坂・太郎坂
  • 二木島峠・逢神坂峠
  • 波田須の道・大吹峠
  • 観音道
  • 松本峠
  • 横垣峠
  • 風伝峠
  • 通り峠
  • 浜街道
  • 熊野川

伊勢路の
歩き方

maplink

伊勢路の
歩き方

にさかとうげ 荷坂峠

江戸時代中期よりツヅラト峠に変わり熊野街道の正式ルートに。眺めの良い沖見平には鈴木牧之の句板が建つ。

  • 距離/約7.5km(大紀町~紀北町)
  • 歩行時間/2時間30分
  • 標高/241m
  • 散策レベル/

詳細はこちら

×閉じる

つづらととうげ ツヅラト峠

江戸時代以降、荷坂峠が正式なルートとなってからも、昭和初期まで生活道として使われた。石畳・石垣の保存状態も良好

  • 距離/約9.5km(大紀町~紀北町)
  • 歩行時間/約4時間
  • 標高/357m
  • 散策レベル/

詳細はこちら

×閉じる

いっこくとうげ・ひらかたとうげ・くまがやみち 一石峠・平方峠・熊ヶ谷道

小島を浮かべる優雅な熊野湖の景色が楽しめるなだらかなコース。古里の温泉に立ち寄るのもおすすめ。

  • 距離/約7.6km(紀北町)
  • 歩行時間/約3時間
  • 標高/113m
  • 散策レベル/

詳細はこちら

×閉じる

はじかみとうげ 始神峠

サンショウウオを意味する「椒」(はじかみ)が峠の名前の由来。
峠の展望台からは紀伊の松島と呼ばれる島々が一望できる。

  • 距離/約3.5km(紀北町)
  • 歩行時間/約1時間50分
  • 標高/147m
  • 散策レベル/

詳細はこちら

×閉じる

まごせとうげ 馬越峠

重厚な自然石が折り重なるように敷き詰められた石畳は、日本でもトップクラスの雨量を誇る尾鷲の雨から古道を守ってきた。

  • 距離/約5.2km(紀北町~尾鷲市)
  • 歩行時間/約2時間45分
  • 標高/325m
  • 散策レベル/

詳細はこちら

×閉じる

やきやまごえ 八鬼山越え

西国一の難所といわれ、かつては山賊や狼も出没し巡礼者から恐れられた。石畳道のかたわらには多くの石仏がたたずむ。

  • 距離/約10.1km(尾鷲市)
  • 歩行時間/約5時間
  • 標高/647m
  • 散策レベル/

詳細はこちら

×閉じる

みきとうげ・はごとうげ 三木峠・羽後峠

近年、地元の方々によって発掘された。木々の間から海が見える眺めのよい道。峠から延々と続く猪垣は、当地方最長といわれる。

  • 距離/約6km(尾鷲市)
  • 歩行時間/約3時間
  • 標高/140m
  • 散策レベル/

詳細はこちら

×閉じる

そねじろうざか・たろうざか 曽根次郎坂・太郎坂

中世の頃は志摩の国と紀伊の国の境、現在は尾鷲市と熊野市の境。曽根の史跡を巡るほか、美しい石畳や猪垣に出会える。

  • 距離/約5.7km(尾鷲市~熊野市)
  • 歩行時間/約3時間
  • 標高/305m
  • 散策レベル/

詳細はこちら

×閉じる

にぎしまとうげ・おうかみざかとうげ 二木島峠・逢神坂峠

「逢神」とは伊勢と熊野の神様が出会うという意味。かつては狼が出没したからとも。ほぼ全区間に苔むした石畳が通じる。

  • 距離/約4.6km(熊野市)
  • 歩行時間/約3時間
  • 標高/290m
  • 散策レベル/

詳細はこちら

×閉じる

はだすのみち・おおぶきとうげ 波田須の道・大吹峠

波田須は徐福伝説が残る伝説と神話の里。史跡を巡り、悠久の時を感じよう。大吹峠には熊野古道にはめずらしい竹林が広がる。

  • 距離/約8km(熊野市)
  • 歩行時間/約3時間
  • 標高/205m
  • 散策レベル/

波田須の道はこちら大吹峠道はこちら

×閉じる

かんのんみち 観音道

観音信仰が盛んな時代は大吹峠を通らずに、道の傍らに西国三十三所の観音石像が立ち並ぶ観音道がよく使われた。

  • 距離/約3.8km(熊野市)
  • 歩行時間/約1時間40分
  • 標高/265m
  • 散策レベル/

詳細はこちら

×閉じる

花の窟は古代よりの
パワースポット。

まつもととうげ・はなのいわや 松本峠・花の窟

美しい石畳が残り竹林に囲まれた峠では、等身大ほどのお地蔵様が出迎えてくれる。

  • 距離/約4.1km(熊野市)
  • 歩行時間/約1時間45分
  • 標高/135m
  • 散策レベル/

松本峠道はこちら熊野市街はこちら

×閉じる

平成27年7月現在、
崩落により一部不通箇所あり。

よこがきとうげ 横垣峠

この地特有の神木流紋岩が敷き詰められた石畳が整然と続く。
麓の里・阪本にはゆるやかな棚田が広がる。

  • 距離/約5.4km(御浜町)
  • 歩行時間/約2時間10分
  • 標高/305m
  • 散策レベル/

詳細はこちら

×閉じる

ふうでんとうげ 風伝峠

海辺と山村を結ぶ要路だった峠。苔むした石畳が続き、麓では秋から春にかけて巨大な朝霧「風伝おろし」が見られる。

  • 距離/約4.1km(熊野市・御浜町)
  • 歩行時間/約1時間30分
  • 標高/257m
  • 散策レベル/

詳細はこちら

×閉じる

とおりとうげ 通り峠(丸山千枚田)

古くから生活道として使われ海の幸と山の幸が行き交った道。展望台からは、山腹に築かれた見事な棚田と山並みが一望できる。

  • 距離/約7.9km(熊野市)
  • 歩行時間/約2時間20分
  • 標高/390m
  • 散策レベル/

詳細はこちら

×閉じる

はまかいどう 浜街道

熊野市街から七里御浜に沿って熊野速玉大社が鎮座する新宮を目指す道。海の蒼と白い波のコントラストが素晴らしい。

  • 距離/約26.6km(熊野市・御浜町・紀宝町)
  • 歩行時間/約9時間
  • 散策レベル/

浜街道(北)はこちら浜街道(南)はこちら

×閉じる

くまのがわ 熊野川

三反帆で熊野川を体験し、比丘尼転びや釣鐘石など、奇怪な自然の造形物を眺めながら熊野川を実感できる。熊野川沿いに、川端(川丈)街道(※平成27年7月現在、通行不可)がある。

×閉じる