熊野古道伊勢路を歩く。

幸結びの路

旅の過ごし方

熊野古道伊勢路モデルコース

熊野古道浜街道と
紀宝町の名所散策コース

熊野古道浜街道の紀宝町~熊野速玉大社までを歩くコース。本物のウミガメとふれあえるウミガメ公園からスタートし、
紀宝町の歴史あふれるスポットを回ります。

みえ旅案内所とは?みえ旅案内所
みえ旅おもてなし施設とは?みえ旅おもてなし施設

徒歩 (所要時間:50分)

横手延命地蔵

文政10年(1827年)に建立。病気平癒のご利益があるとして信仰され、地蔵前に湧き出る水は、霊水と伝えられています。

( 分岐1 )
熊野速玉大社まで
すぐ行ける!

( 分岐2 )
熊野速玉大社まで
やや遠回り

徒歩 (所要時間:40分)

徒歩 (所要時間:30分)

耳切坂

昔、夜更けに坂を通りがかった侍が、払っても払っても耳に触るものがあったため、ついには刀を抜いて自分の耳ごと切り落としてしまったという言い伝えのある坂です。

加持鼻王子権現跡

かつて熊野古道の伊勢路にあった数少ない王子(熊野詣での休憩所と遥拝所を兼ねていた場所のこと)のひとつ。特徴的な岩の形が印象的です。

徒歩 (所要時間:40分)

宝筐印塔

砂利浜のため、河口が詰まって船の出入りが出来なくなることがあった熊野川。それに困って、三千個の石経を埋めて航海安全を祈願したのがこの塔でした。

徒歩 (所要時間:15分)

烏止野神社

烏止野神社々叢林は多種多様の草木が自生する珍しい暖帯林になっていて、オガタマノキを食べるミカドアゲハ(蝶)がたくさん発生する場所となっています。

徒歩 (所要時間:10分)

貴祢谷社

諸国を遍歴した熊野神三柱をお祀りしていたといわれる場所。「帝王編年記」や「扶桑略記」という本には、その後、本宮と新宮に遷し祀られたとの記録が残っています。

徒歩 (所要時間:50分)

徒歩 (所要時間:30分)

熊野速玉大社

熊野三山の一つで、昔は紀宝町「成川の渡し」から渡し舟が出ていました。境内には平重盛手植えと伝わる梛のご神木があり、朱塗りのあでやかな社殿が建っています。

バス (所要時間:15分)

道の駅 紀宝町ウミガメ公園

エリア 紀宝町エリア
コース順 ▼スタート(ウミガメ公園)
1. 道の駅紀宝町ウミガメ公園
2. 横手延命地蔵

(分岐1:大社まで近い)
3. 耳切坂
4. 熊野速玉大社
5. ウミガメ公園

(分岐2:大社までやや遠回り)
3. 加持鼻王子権現跡
4. 宝筐印塔
5. 烏止野神社
6. 貴祢谷社
7. 熊野速玉大社
8. ウミガメ公園